新しい価値を創造し、次世代へと繋ぐ農業の道先を示す

ご挨拶

ご挨拶ご挨拶(平成28年)ご挨拶(平成26年)プロフィールミッション
 
私たちは、平成24年7月3日、東日本大震災の被災地において「新しい農業への挑戦」というテーマを掲げ、農業生産法人「みちさき」を立ち上げました。

太陽光利用型野菜生産工場の運営を主体に、被災地域中心に「雇用の創出」、「包括的な農業=コミュニケーションアグリ」を進め、社会人経験や農業経験の少ない社員の「人材育成」を図るとともに、ある側面では農業の「工業化」を目指し、生産・労働の効率化を日々追究してきました。

そうした努力が実を結び、5年を経た今、「挑戦」の第一ステージはようやく経営が軌道に乗ることで達成され、次なるステージへと進化を遂げる最中であります。

この大きな節目を迎える事ができたのは、これまで当社を支え育てて下さった、皆様の温かいご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

現在弊社では、2020年開催の東京オリンピックをきっかけに話題となっている、「GAP」の国際基準認定取得に向けて取り組んでおります。

農作物の安全性とその信頼性を高め、皆様が安心して食べていただける野菜を栽培し続けられるよう精進する所存でございます。

安定した出荷量・安定した品質・安定した価格その価値を創造し、時代の変化に即時対応できる強い組織体となり、地域の皆様と共存共栄をしながら全社一丸となって励んでまいります。

【新しい価値を創造し、次世代へとつなぐ農業のみちさきを示す】

私たちは震災復興のシンボルとして未来永劫輝き続けます。

今後とも「みちさき」の挑戦に、ご指導ご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。

2018年1月1日

株式会社 みちさき 代表取締役 菊地 守

未曽有の被害をもたらした東日本大震災(3.11)から5年が経過した今、農業者の高齢化、温暖化現象による生産量の不安定化、食の多様化、個食化など様々な要因を伴い、日本の農産物を供給する力が衰え始め、仙台平野における農業のあり方にも新しい変化が求められています。

私たち株式会社みちさきが取り組む「水耕栽培による野菜」は、日本の食、その根幹をなす農産物を供給し続け、近い将来、多くの地域で必然的に求められるモデルになると確信しています。

①安定した品質

②安定した出荷量

③安定した価格

この3つの価値をふまえた農産物は、現在お米しかありません。私たちは、これらの価値を生鮮野菜に持たせ、”農産物製造業”として”農業の産業化”を目指してまいります。そのためには、

・農産物栽培技術指導者の育成

・農業経営者の育成

・エネルギーコストの低減化

に注力します。また、消費者とのコミュニケーションのきっかけとして、

・みちさきマルシェの交流

に取り組み、消費者の皆様に必要とされる農産物を作り続けます。

『新しい農業のみちさきを照らす』

社員一同、この言葉を実現すべく邁進してまいります。

平成28年7月27日

 

 

 

 

名前菊地 守
役職株式会社代表取締役
生年月日1970年11月14日
経歴2004年 2月  六郷アズーリファーム起業
2011年 4月  サイゼリヤ仙台養液栽培トマトハウス 研修参加
2011年 11月  仙台東部六次化産業研究会 副会長
2012年 7月  株式会社 みちさき 起業  (仙台東部六次化産業研究会 成果)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 みちさき All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.